Rubyと筋肉とギターとわたし

エンジニア二年目の雑魚です。プログラミング・ギター・筋トレのことをメインにブログを書いていきます。

【雑記】ちょっと暇だったのでvimでtwitterできるようにした

f:id:rdwbocungelt5:20180830165411p:plain

どうもってぃです。

VimTwitterをできるようにしました。

有名なTwitVimをインストールしたのでその手順を公開。

環境

  • elementary OS 0.4.1 Loki ( Ubuntu 16.04.5 )
  • curl 7.47.0 (x86_64-pc-linux-gnu)
  • OpenSSL 1.0.2g 1 Mar 2016

TwitVimをインストール

以下のリンクが最新のTwitVimです。

https://www.vim.org/scripts/download_script.php?src_id=23560

一応ここ(https://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2204)で最新がどれか確認してファイルをダウンロードしてください。

今回はtwitvim-0.9.1.vmbをダウンロードします。

ファイルをダウンロードしたら、vimtwitvim-0.9.1.vmbを開きます。

$ vim ~/Downloads/twitvim-0.9.1.vmb

開いたら、:so %でインストール。

僕の場合パッケージはNeoBundleでなくdein.vimです。一瞬で終わりました。

TwitVimの設定と認証

自分のアカウントにログインするためにTwitVimで認証をする必要が有ります。

その際に開くブラウザを指定するのとちょっとした設定を.vimrcへ記載します。

 " vimでtwitter 
 let twitvim_enable_python = 1 
 let twitvim_browser_cmd = 'google-chrome' 
 let twitvim_force_ssl = 1 
 let twitvim_count = 40

twitterSSLじゃないとアクセスできないみたいですね。

なのでtwitvim_force_sslを有効にしてます。

またtwitvim_browser_cmdでブラウザ指定をします。

今回はubuntuベースのelementaryOSでやっているので、google-chromechromeを指定してます(ターミナルでgoogle-chromeと打てば開いたので指定したらうまくいった)。

りんごさんや窓くんは別の指定方法があるようなのでggrk

上記を記載したら、:so ~/.vimrcで設定を反映。 :SetLoginTwitterとタイプすると、chromeが開いて認証画面が出てきます。

認証を完了すると、PINコードが出てくるのでターミナル上に打ち込むとTwitVimでの認証が終わります。

Let's enjoy twitter life !!

仕事をしてるふうにtwitterをしましょうbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb